2009年1月アーカイブ

夫が株を始める?

DSC04242_thumb.jpg
タンス株電子化して、電子タンス株になって


そのまま、もうしばらくはもお休みね~などと


思っていました。

 


ところが、が大暴落して少しすると、


には全く関心がなかった夫が、


始めようかな~」


と言い出したのです。

 


驚きました~

 


それまで全く気配がなかったものですから。

 


何で突然を始めたくなったのか聞いてみると、

 

 「が暴落していて、今なら安いから。」


 「を売買するのではなくて、株主優待配当金目当て」

 

との事でした。

 


そう聞いても、


 え~ほんと~?


と思っていました。

 

 

 私が最近、2万円も配当金をもらったという事も


知っていて、それいいな~とも思ったようです。

 

 一応、


 「千株じゃなくても、百株単位でも買える株がある事」


そして、


 「新聞のどこを見ればそれが分かるか」


だけは説明しました。

 


 私もそれ位は知っていました(笑)

 


 そんな頃、丁度外食時にファミレスで、


株主優待券でお支払いしている方を見かけたそうです。

 

 
 それまでは、8%程度お安く買える金券をせっせと


仕入れては持ち歩いていた夫でした。

 


 それで、夫は、そのファミレスの株主優待券


どうやったら手に入るのかを調べました。

 


 どこの株を買ったらいいのかを調べたのでした。

 

 すると、ゼンショーのを買えばいいと分かりました。

 

 ゼンショーのは、100株単位で買えました。


 そして、100株から500株持っていれば、


 株主優待として、3千円の食事券がもらえると分かりました。

 

 そこで私はちょっと、


 「配当も株主優待も、年に2度ある」


という事を話しました。

 

 夫は驚いて、

 
 「2回も?」


と、喜んでいました。

 


 この時点で、夫がゼンショーのを買う事は決定しました。

 

 

ところが、私も欲しくなったんですね。

 

 どう考えてもお得じゃないですか。

 

 倒産する事もなさそうでした。

 

 それで、私も買う事に決定しました。

 

 でも、買うのはしばらく株価を見てからです。

 

 


 その話を妹にすると、じゃあ私も買いたいと


言い出しました。


 
 妹は私とは違って携帯でをしているようです。

 

 ご主人に聞いて、OKが出れば買うと決めました。

 


 

 夫はどこのネット証券でを買うのか考えました。

 

 それで、


 「売買する時には手数料がかかるから、


  ゼンショーのを買って、それを売らないと決めたなら、


  5万円程度の取引価格で、手数料が安いネット証券がいいね。」


とアドバイスしました。

 

 私も、それだけは知っていました(笑)

 

 そして、夫はネットで、ネット証券比較のページを調べてみました。

 

 すると、5万円の取引価格で、手数料が無料の証券会社が


1つだけありました。

 

 それは、私と同じ証券会社でした。

 

 え? 私と同じ?

 

 でも、候補が1つだったので、夫は迷わず、その証券会社に


登録しました。

 


 私としても、長い事、操作画面を触っていなかったので、


何か分からない事があった時に聞けるという意味でも


同じ証券会社で良かったと思います。 

 


 ネットで申し込みをすると、私の時のように、すぐに手続きの為の


書類が一式送られてきました。

 


 私は面倒なので特に中身を見たりはしませんでしたが、


夫はせっせと準備をして、書類を送ったようです。

 


 ところが、しばらくすると書類が返送されてきて、印が不鮮明なので


押し直して下さいとの事でした。

 


 夫は、急いで、株価が下がっているうちに買いたかったので、


とても残念がっていましたが、その、押し損ねた印だけ見てみると


ひどかったです(笑)

 

 

 夫は仕方なく、もう一度印を押して、書類を郵送しました。

 

 そして、やっと口座が開設されました。

 

 その為に新しく銀行口座も作ったそうです。

 

 私は作りませんでしたが。。。

 


 新しく作った銀行口座に、念のため5万5千円を入れると、


松井証券の口座の方へ、移しました。

 


 そして、その日の株価を見て、注文しようとしていました。

 

 早いですね。


 
 夫はなりゆきで買おうとしていました。


 
 それで、


 「なりゆきだといくらになるか分からないよ」


と口をはさみました。

 

 そして、成り行きではなくて、買いたい金額を入れてもらいました。

 

 そして、買えませんでした。

 

 夫は、私が余計な事を言ったから買えなかったと怒っていました。

 

 そして、それが丁度金曜日だったので、


 次の週の月曜日に、また挑戦しました。

 

 あんなに怒っていたわりには、買いたい金額を指定して


買っていたのがおかしかったです。

 


 少し高めに指定したので無事に買えました。

 


 夫が無事に始めての株を買えたので、


私もそれからゼンショーの株価を毎日チェックして、


せっかく後から買うのだから、夫よりは絶対安い株価


買ってやる!と思っていました(笑)

 

DSC06834_thumb.jpg
タンス株電子化して、しばらくは、証券会社の


操作画面を見たり、株価を見て、売るタイミングを


考えて過ごしました。

 

 

でも、それにも飽きると、また、あまり売る事を


考えなくなってきました。

 

 

たま~に株価をチェックして、これ位になったら


売ってみようと漠然と決めていた金額があって


それに近づくと、ちょっと欲が出て、実際に


その金額になる前に安くなってそのままになって


しまった事も何度かありました。

 

 

タンス株は、電子化してみても、やっぱりタンス株


なんですね。

 

 

電子タンス株と言ったらいいでしょうか。

 

 

年に2度、配当金だけもらっていました。

 

 

ちょっと景気が良くなると、配当金の金額も


かつてない位良くなって、そうなると、


もう、このまま売らないで、持っていてもいいのでは?


と思うぐらいでした。

 


1番最近の配当金は、2つで2万円でした。

 


1つが1万3千円、もう1つが7千円です。

 


今は株価が完全に下がってしまったので、


またこのままずっと持っているつもりです。

 


そして、いつかまた株価が上がって、前に一度


売りたいと思った金額にもし近づくことがあったら


その時には売りたいという風に考えています。 


タンス株から電子株へ

DSC05527_thumb.jpg

タンス株電子化しなくてはいけなくなったと知って


ネット証券を色々調べました。

 


そして、証券会社にタンス株電子化してもらう事に


決めました。

 


まずは、株券が、自宅にはなくて、実家の方に


置きっ放しになっていたので、実家に行って


タンス株を引き取ってきました。

 

 

名義の書き換えをして以来一度も目にした事のない


株券は、こんなのだったかしら?というものでした。

 

 

裏には私の旧姓の名前が書いてあります。

 

 

証券会社への申し込みは全てネットでしました。

 

 

すると、株券電子化する為の資料が一式郵送


されて来て、そこに必要な事が全て書いてありました。

 

 

宅配便で株券を送る時の封筒まで付いていました。

 


宅配便で送る時に、2回に分けて書類を送ったり、


明細をFAXしなくてはいけなくて、


でも、家にFAXがなかったので、


FAXサービスをやっていない場所で、


頼んでFAXしていただいたりしました。

 


買った時の値段が分かる書類を一緒に付けて


出せば、その価格で買った事になって、


いつか売る時には、その差額がいくらに


なるかで、税金が計算されたりするようでした。

 


もし、買った時の値段が分かる書類がない場合には、


何も付けないで出せば、買った日のどこかの


タイミングの値段になると決まっていて、


その値段と買った時の値段を比べて、得な方に


すると良さそうでした。

 

 

私の場合は、買った時の値段が分かる書類を


付けた方がいいようだったので、父が買った時の


明細書を付けて出しました。

 


すると、父の明細書である事がひっかかって、


証券会社からお電話が掛かってきました。

 


贈与なのかとか、そういう話です。

 


贈与だと贈与税が掛かるので、贈与でないなら


贈与でない事を証明する書類が必要みたいでした。

 


お電話でお話した証券会社の方は、私とお話していて


贈与ではなくて、お金を払っている事、そして


名義も書き換えている事は、すぐに納得して下さいました。

 

 

ただ、書類が必要との事だったので、では払った事を


証明出来る書類があるはずだから探しますという事に


なりました。

 


でも、手続きの為の書類が返送されて来た時に、


ちょっと面倒になって、この、父が買った時の


明細書さえ提出しなければ、贈与と言われることも


ないのだわ~と思って、買った時の金額よりも


買った日の金額が低くて、ちょっと損をしてしまう事に


なったのですが、返送されてきた書類から、


父が買った時の明細書を取り除いて、


書類の金額をブランクに直して、送り返しました。

 

 

すると、証券会社から、金額が数十円違ってしまうけど


いいですか?と確認のお電話があった後、その金額で


株券が入庫されて、電子化されました。

 


入庫された株券は、旧姓のまま。

 

電子化されたは、新しい姓で、新住所で買えました。

 

 

電子化なんて面倒ですが、始めてしまえば、後は手続きを


進めるだけで、証券会社の方も、とても丁寧に教えて下さるので、


私にも出来ました。

 

 

ネットで売買が出来るので、一応ログインして、マニュアルの


操作の仕方と見比べてみたり、色々クリックしてみたりしました。


129_thumb.jpg

タンス株電子化しなくてはいけなくなったと知って


ネット証券を調べました。

 

 

その時、そう言えば結婚して住所が2回変わって


株の配当金を全然受け取っていない事に気付きました。

 

 

配当金をいつから受け取っていなかったのかも


思い出せないのですが、


父に相談したら、それは結構な金額になるから


調べて受け取るようにした方がいいとの事で、


証券会社の方に相談してみました。

 

 


電子化するに当たってお世話になる事に決めた


証券会社の方にお電話して相談すると、


私の持っているを扱っている窓口の


お電話番号を調べて教えてくださいました。

 

 


を持っている会社の窓口にお電話してみると


すぐに調べて、確かにここ数年分の郵便物が


返送されて来ていて、配当金も受け取っていない


という記録がありました。

 

 

そして、もちろん今から受け取る事が出来るので、


結婚して苗字が変わっているなら、


戸籍抄本を送ったり、手続きが必要との


事でした。

 

 

ただ、丁度、タンス株を電子化しようとしている


ところでしたので、せっかく名義を変更したりしても


電子化というのは、今までの株ではなく、新しい株を


持つ事になるとの事で、面倒な変更手続きをするのは


もったいないという事になりました。




結婚して名前や住所が変わっていても、


電子株は、新しい名前や住所で新しく買うのと一緒でした。

 

 


それで、元の住所が実家で、郵便物が私の名前で


届くようになれば、の名義が旧姓でも問題ないという事に


なりました。

 

 

郵便局の、住所が変わった時に出す、


郵便物の転送依頼というのがありますよね。


あれが、実は思っていた事と違うサービスでした。

 

 

一旦、郵便局に、実家から、別の場所に転送依頼を


出すと、その転送期限の1年が終わると、


もう2度と、実家に、旧姓で郵便物が届いても


配達されなくなるそうです。

 

 

転送期間の1年が過ぎると、また届くようになると


勘違いしていましたが、違うんですね。

 

 


今度は、


郵便局にお電話して、どうしたら旧姓で実家に送られて


来る郵便物が、また実家に届くようになるか相談してみました。

 

 

すると、今止められている記録がきちんとありました。

 


そして、郵便局で届けを出せば、解除してもらえる事が


分かりました。

 

 

郵便局で、解除してもらえるように手続きをしようと


申込用紙に記入して提出すると、係りの方に、何度も


確認されました。

 

 

そして、一応実家の母にも話してあったのですが、


実家の方にも、1度、郵便局から確認のお電話が


あって、届けてもらえるようにとお願いしました。

 

 

名義を変更した方がスムーズだったかもしれませんね。

 

 

郵便局の方の手続きが終わったので、


株の配当金が受け取れるように、書類を送ってくださいと、


私が持っているタンス株の会社のを取り扱っている


部署にお電話をしてお願いしました。

 


 

実は、は2種類あったので、

 


最初から全く同じ事を2つの部署にお電話でお願いしていました。

 

 


後日、随分と時間が経ってから、


そして、


2つの会社の書類が送られてきたタイミングにも


相当開きがありましたが、


今まで受け取っていなかった何年分かの


配当金を1度に受け取れるような書類が


送られて来ました。

 

 


そして、郵便局に持って行くと、


普通に配当金を受け取る時と同じ様に


簡単に、受け取る事が出来ました。

 

 


配当金が全然出ていない時期もあったので


どの程度の金額かしらと思っていましたが、


やはり数年分ともなると、両方合わせて


5万円位はありました。

 

 

手続きは面倒でしたが、無事に受け取れて


すっきりしました。

 

 

最初に、窓口のお電話番号を調べて教えてくださった


証券会社の方に感謝です。

 


タンス株誕生

005_thumb.jpg 

20年近く前に、を買いました。

 


を買ったと言っても、



初心者とも言えない、何も知らない状態でした。





しかも、自分でを買いたいとか、を始めたいと


思っていたわけでもありませんでした。



 

ある日父が


でも始めるか?」

 

と言ったので、



そうね~と思っただけでした(笑)


 


それで、を始めることになったのですが、



自分でを買ったわけではなくて、

 


父に頼んで、父が選んだ銘柄のを買ってもらって、


 

父にその分のお金を払って、


 

父に名義変更の手続きをしてもらって、

 

株券を家に置いてそのままでした。

 

 

価は、買った後にはよくチェックしました。



でも、売ったり買ったりなんて



1度もしませんでした。

 


タンス株です。

 

 

お仲間が沢山
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このアーカイブについて

このページには、2009年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2009年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。