タンス株は電子化してもやはりタンス株

DSC06834_thumb.jpg
タンス株電子化して、しばらくは、証券会社の


操作画面を見たり、株価を見て、売るタイミングを


考えて過ごしました。

 

 

でも、それにも飽きると、また、あまり売る事を


考えなくなってきました。

 

 

たま~に株価をチェックして、これ位になったら


売ってみようと漠然と決めていた金額があって


それに近づくと、ちょっと欲が出て、実際に


その金額になる前に安くなってそのままになって


しまった事も何度かありました。

 

 

タンス株は、電子化してみても、やっぱりタンス株


なんですね。

 

 

電子タンス株と言ったらいいでしょうか。

 

 

年に2度、配当金だけもらっていました。

 

 

ちょっと景気が良くなると、配当金の金額も


かつてない位良くなって、そうなると、


もう、このまま売らないで、持っていてもいいのでは?


と思うぐらいでした。

 


1番最近の配当金は、2つで2万円でした。

 


1つが1万3千円、もう1つが7千円です。

 


今は株価が完全に下がってしまったので、


またこのままずっと持っているつもりです。

 


そして、いつかまた株価が上がって、前に一度


売りたいと思った金額にもし近づくことがあったら


その時には売りたいという風に考えています。 


お仲間が沢山
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en

このブログ記事について

このページは、kari777が2009年1月29日 13:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タンス株から電子株へ」です。

次のブログ記事は「夫が株を始める?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。